柏原市 30プリウス HVバッテリー交換 近畿自動車

画像
30プリウス HVバッテリー交換

  • HOME
  • 修理
  • 30プリウス HVバッテリー交換

プリウスのメーターパネルに、エンジンチェックランプとマスターウォーニングランプが点灯したら!?

ハイブリッドシステムチェック・・・!

 ハイブリッドシステムチェック・・・!

平成23年式・ZVW30のトヨタ・プリウスです。
エンジンチェックランプ(メーターパネル左側・オレンジ色)が点灯して、右の方にもマスターウォーニングランプ(赤の三角のマーク)が出ています。

DTC(故障コード)読み取り

 DTC(故障コード)読み取り

今回は、ハイブリッドバッテリーの内部異常ということで、バッテリーボルテージセンサが監視している28個のモジュールをチェック。

全体的に劣化してきていますが、中でも電圧差が基準値以上のものを発見。
ハイブリッドバッテリーの劣化及び故障との判断で、ハイブリッドサプライバッテリーの交換作業に入ります。

ハイブリッドのバッテリー交換①

 ハイブリッドのバッテリー交換①

プリウスには、バッテリーが2つ装着されています。
一つは、トランクルーム右側にあり、オーディオ機器やヘッドライトを点けたりする時に使います。補機バッテリーとも呼ばれます。

もう一つは、モーターを動かすバッテリーです。リヤシートの後ろにあります。
取り外すには、低圧電気取扱者の資格を持つものが担当します。

ハイブリッドのバッテリー交換②

 ハイブリッドのバッテリー交換②

取り外したプリウスのハイブリッドバッテリー。これが、でかくて重いんですよ。。

30プリウスの場合は、このでかいバッテリーを丸々交換することになります。

うーん、補機バッテリーも、ハイブリッドサプライバッテリーも、高い・・・。

ハイブリッドのバッテリー交換③

 ハイブリッドのバッテリー交換③

新品のバッテリーだと、梱包された状態で届きます。
これを屈みながらリヤハッチに設置するのは、まあまあ腰にきます(;^_^A

バッテリーの劣化は使い方等によってバラバラですが、トヨタの保証期間は「5年・10万km」までです。

ハイブリッドのバッテリー交換④

 ハイブリッドのバッテリー交換④

取り替えたバッテリーの状態をチェック。
どのモジュールもブロック電圧が安定しています。

ハイブリッドのバッテリーは使用するにつれて全体的に劣化してきますが、隣り合わせのブロック電圧の差が規定値以上の場合、ドライバーにシステム異常として知らせるようになっています。

10万キロもたずに劣化する方や、20万キロ以上走行していても、全体的に劣化するだけの方もいます。こればかりは運⁉かもしれません。

ハイブリッドのバッテリー交換⑤~バッテリー交換費用~

 ハイブリッドのバッテリー交換⑤
~バッテリー交換費用~

バッテリー交換後のプリウスです。

いやー、快適そのもの♪頻繁にエンジンが動いていた時と比べて、非常に静かです。

今回の整備代は、
・DTCの読取・消去 3,200円
・HVバッテリー取替工賃 18,317円
・ハイブリッドバッテリー代 141,000円
 合計 162,517円(税別) です。

ディーラーだと、18万円~20万円ほどの請求になると思います。
ディーラーでなくても全然問題ない!と思われた方、ぜひ当社にご相談ください。

近畿自動車㈱ tel:072-971-2345

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
072-971-2345
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!