柏原市 なるほど!バッテリーの基礎知識 近畿自動車

画像
なるほど!バッテリーの基礎知識

  • HOME
  • 車検
  • なるほど!バッテリーの基礎知識

バッテリーの基礎知識

バッテリーって、車のどこにあるの?

 バッテリーって、車のどこにあるの?

自動車に装備しているバッテリーは、エンジンルーム内に装備されている事が多いですが、1BOX系の車は運転席もしくは助手席の椅子の下。軽ハコなどは荷室などの床下。またトランクルームに装備されている場合もあります。

 また、輸入車の中には、かなり特殊な箇所に装備されている場合もあります。 (後部座席の下や助手席の足元など)

 ちなみに・・・
 車の取り扱い説明書にバッテリーの装着場所が記載されていますので、バッテリーを一度も見たことの無い人は、確認の意味でも一度はご覧になってみてください。

バッテリーって、乾電池みたいなもの?

 バッテリーって、乾電池みたいなもの?

バッテリー(蓄電池)は乾電池と同じように、「+極」と「-極」があり、バッテリーの「+」端子から電気が流れ出し、各電装部品を通り、ボディーの金属部分を流れて「-」極へ流れています。
 つまり自動車の金属部分は「-」極となっており、またこれを「ボディアース」と言います。
 (※外車の一部にボディが「+」極になっている車両もあります)

 バッテリー端子は、「+」と「-」では端子の大きさが異なり、「+」の方が端子が大きくなっています。
 また、バッテリーは寒さに弱く、低温下でのバッテリーの性能は、著しく低下してしまいます。冬を目前にして、「バッテリーが弱っているな~」と感じたら(エンジンの始動で、セルモーターの回り方に勢いが無いと感じるなど)、早めにバッテリーを交換されることをお勧めします。

 ちなみに・・・
 寒冷地仕様の車に大容量のバッテリーが装備されているのは、こういった理由があるからです。

 バッテリーの寿命って何年くらい?

 同じバッテリーでも、使用条件、使用環境、メンテナンス(日常点検)、車両側の充電装置、取り付け場所などの要因によって寿命はまちまちですが、乗用車ではバッテリーの交換の目安は約3年とアドバイスさせていただいております。 
 寿命を過ぎて使用し続けると、液量の減りの増加、バッテリー内部の極板の劣化が進みますので早めの交換をお勧めします。

「バッテリーあがり」って?

 「バッテリーあがり」って?

バッテリーあがりの原因には、ライトの消し忘れ・車両の長期放置などの過放電、バッテリーの寿命、発電機(オルタネータ・ダイナモ)の故障など色々な原因があります。
 過放電の場合には、充電すれば問題ないケースがほとんどですが、予想外のバッテリーあがりの場合には、発電機や電装品の故障・漏電なども考えられますので、バッテリーを交換する前には、必ず点検を受けることをお勧めします。
 ちなみに、過放電によるバッテリーあがりでも、出来ればバッテリーを新品交換されることをお勧めします。過放電によるバッテりーあがりは、バッテリーの性能を著しく低下させる恐れがあります。(※特に冬期前は要注意!)

 バッテリーの取り扱い

・極性
 バッテリー端子には「+」と「-」がありますが、交換などで端子を脱着する場合には、必ず「-」から脱着し、「+」と「-」を間違えないように取り扱ってください。
 「+」と「-」の端子は、誤って接続しないよう大きさが違います。もし、「+」と「-」を間違えて接続してしまうと、ショート(火花が飛ぶ)だけでなく、ヒューズ切れやコンピュータの故障、車両火災に至る危険性もありますので、十二分に注意してください。
また、端子脱着の際は、工具が「+」端子に接触しないように十分注意してください。

・バッテリージャンピング
 バッテリーあがりなどで、バッテリーケーブル(ブースターケーブル)を使って他車のバッテリーから電源を供給してもらう指導補助の事を「バッテリージャンピング」と言います。
 バッテリージャンピングを行う際には、

①バッテリーあがりの車の「+」端子 
②救援車の「+」端子 
③救援する車の「-」端子 
④バッテリーあがりの車の「-」端子やエンジンブロック

といった手順で、バッテリーケーブルの接続を行ってください。
※取り外しの際は逆の手順

 また、救援する車のバッテリー電圧が12Vか24Vかをよく確認し、バッテリーあがりの車と電圧が同じであることを確認した上でケーブルの接続をしましょう。
もし電圧が異なる場合には、絶対に接続しないようにしてください。
※トラックなどの商用車では、バッテリー電圧が24Vになっていることがあります。

バッテリーに記されている数字とアルファベットの意味は?

 バッテリーに記されている数字とアルファベットの意味は?

 国産車用のバッテリーはJIS規格商品であり、バッテリーサイズや性能などの規格(バッテリー規格)は、6~7桁の数字とアルファベットの記号で記載されています。

 また、バッテリーに記載されているバッテリー規格は、「44」、「」、「19」、「」に区分され、それぞれの数値や記号には、きちんと決まった意味があります。

 まず、頭の「44」という数字。これは、バッテリーの総合性能・容量を表します。数値が大きいほどバッテリーの性能・容量・パワーが上がります。つまり、この数値が大きいほど高性能で逐電容量が大きいということです。
 ちなみに、
 「28B17R」のバッテリーを「34B17R」へ
 「38B19R」のバッテリーを「44B19R」へ、という感じで交換すれば、見た目の大きさを変えずに、バッテリーの性能を上げることができます。
※カーオーディオのグレードアップや、ナビ・TVなど、電装系アフターパーツを多く取り付けられている方もバッテリーの容量アップをお勧めします。

 そして次の「」という記号。
これは、バッテリーサイズを表します。
 → 幅127mm   高さ162mm
 → 幅129mm   高さ203mm
 → 幅173mm   高さ204mm
という規格になっています。
ちなみに、ここの区分が違うと、バッテリー端子の大きさも異なります。バッテリーを購入される場合には、ここの区分は変えないように注意してください。

それから「19」という数値。
これは、バッテリーの長さ(概寸法)を表します。
「17」だと約17cm。

 最後の記号の「」は、端子の極性位置を表します。
+と-の端子の位置を表していて、バッテリーを横にして端子を奥に見て、
+端子が右にくると「」、+端子が左にくると「」です。

 バッテリーを交換する場合には、この記号を間違えないように。
「R」と「L」を間違えて装着してしまうと、最悪の場合は車両火災に繋がる危険性があります。
バッテリーの「+」は、「-」より車両側ボディの外側から遠くになるよう設定されています。(車両の内側へ向けて「+」端子が設置されるようになっている)
 これは、事故などの際に、破損したボディの金属部分と「+」端子が接触し、ショートや車両火災にならないように、という配慮からこうなっています。
 端子コードの長さがあるので間違えて装着するには無理がありますが、取り付け時には十分注意してください。

バッテリーの液量は、どうやってチェックするの?

 バッテリーの液量は、どうやってチェックするの?

 バッテリー液が不足すると、バッテリー本来の性能が出せません。バッテリーの横から液量のチェックをして、「LOWER LEVEL」より少ない場合は補充液を足してください。
◆注意◆
バッテリー液の補充の際は、絶対にUPPER LEVEL」より上にならないようにしてください。液の入れすぎはバッテリー液の噴き出しの原因となり、バッテリー周辺の腐食の原因となります。
※メンテナンスフリー「密封タイプ」のバッテリーは、補充の必要はありません。また、無理にフタを開けたりしないようにしてください。

 充電制御車』って、どんな車?

 燃費改善のために自動車メーカーで開発・導入が進められている車のことです。「発電制御車」等、メーカーによって呼び名が異なっています。従来の車と違い、充電量が不足しているときは制御コンピュータが感知し発電を指示。発電機を回してバッテリーを充電します。一定量充電されると充電停止を指示。エンジンにかかる負担を軽減させ燃費向上につなげます。2010年度には販売された乗用車中約35%、2012年度には45%が充電制御車になると予測されます。
 
充電制御車の性能を発揮させるには、短時間で効率良く充電できるバッテリーを選ぶ必要があります。充電制御車用のバッテリーは、普通のバッテリーと比べて素早く充電する能力が備わっています(充電回復性能が高いもの)。

  ~詳しくは、コチラ。~

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
072-971-2345
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

車検の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!